1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/04(木)21:24:19 ID:wzV
 人間の生活域への出没が社会的な問題となっているクマとの向き合い方を考える公開シンポジウムが6日、秋田市山王の県第2庁舎で開かれる。
人口減少とクマの大量出没が密接に関連しているという認識の下、専門家や行政担当者による報告などから対策の道筋を探る。一般市民も参加できる。

 全国の研究者やクマ対策に関わる行政職員、一般市民などでつくる「日本クマネットワーク」(事務局・北海道大)と県の主催。
クマに襲われた死亡事故が2016、17年と2年連続で起き、全国屈指の大量出没が続く県内の状況を受け、
同ネットワークが毎年各地で開いてきたシンポジウムを初めて本県で開く。

詳細は下記リンクで
http://www.sakigake.jp/news/article/20181004AK0008/



引用元: ・クマ大量出没、共存の道探る 6日、秋田市でシンポ|秋田魁新報電子版


2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/04(木)21:26:52 ID:23q
なんとか上手くいくとええなぁ
小熊 頭大きくて可愛いんじゃあ

3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/04(木)21:28:06 ID:RYC
ここ数年でも秋田の辺で結構獣害事件起きてた気がする

4: 名無しさん@おーぷん 2018/10/04(木)21:29:00 ID:ecy
三重が県内で捕獲した熊を滋賀に放った話ほんとすき


※北と~ほぐニュース貼り付け
三重県、クマを捕らえ隣の滋賀県に放つ

三重県は5月28日、同県いなべ市で捕獲した野生のクマを、隣接する滋賀県内に放したことを認めて、滋賀県に謝罪した。滋賀県内では女性がクマに襲われて重傷を負っており、三重県が放ったクマの可能性が浮上している。47NEWSなどが報じた。

三重県が放ったのは、体長およそ1.4メートルのオスのツキノワグマ。産経WESTによると、三重県県いなべ市で17日に捕獲した際に「麻酔で眠らせた上で、滋賀県境の山中に放した」と発表。しかし、実際には三重県の放獣担当者は県境を越え、滋賀県多賀町でクマを放したが、滋賀県に連絡していなかった。

詳細は下記リンクで
https://www.huffingtonpost.jp/2015/05/28/mie-release-bear_n_7458324.html


5: 名無しさん@おーぷん 2018/10/04(木)21:29:27 ID:1Hx
クマは狩るのもめんどくさい上に狩れる人を用意するのもクソめんどくさいダブルパンチがね……

7: 名無しさん@おーぷん 2018/10/04(木)21:30:48 ID:9CF
リメンバー三毛別

8: 名無しさん@おーぷん 2018/10/04(木)22:13:25 ID:qMC
もう絶滅させろよ邪魔くさい

9: 名無しさん@おーぷん 2018/10/04(木)22:37:58 ID:4PM
共存のカギはこれやろなあ

https://kids.yahoo.co.jp/games/sports/013.html


※北と~ほぐニュース貼り付け
maxresdefault


10: 名無しさん@おーぷん 2018/10/06(土)19:50:59 ID:9VS
ハランデイイ



管理人コメント

ハランデイイ

引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1538655859/