北と~ほぐニュース

岩手・秋田・青森を中心に東北の話題をおーぷん2chよりまとめてお伝えいたします。 普段まとめや掲示板を読まない方にも読みやすく。




2019年07月

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)11:45:57 ID:Rym
1(中)鉄道が1時間に1本
2(遊)生活がイオンに依存しがち
3(一)ド田舎民には都会と言われ都会民にはド田舎と言われる
4(三)駅前より国道沿いの方が人多い
5(左)地元で一番の高校の偏差値が65前後
6(二)パチンコ屋ばっか
7(捕)自動改札が無い
8(右)中学受験の概念が無い
9(投)田舎あるあるに共感しづらい


194: 名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)12:21:21 ID:rU1
>>1
人口4万人程のワイの地元そっくり


199: 名無しさん@おーぷん 19/07/25(木)12:22:11 ID:RUq
>>194
地方の人口2~8万人くらいの市にありがちやね



引用元: ・比較的マシな田舎にありがちなことで打線組んだ

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/28(日)23:26:48 ID:S71
おススメの場所おせーてくれませんかねぇ



5: 名無しさん@おーぷん 19/07/28(日)23:28:25 ID:Oms
そのまま北海道いっちゃいなよ


8: 名無しさん@おーぷん 19/07/28(日)23:28:56 ID:S71
>>5
一昨年行ったから今年は東北や
去年は九州



引用元: ・東北にツーリング行くんやけど

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/26(金)14:30:57 ID:OGC
意外と宿泊料金が高い
御当地の海の幸・山の幸(料理メニューはほぼ固定)

あと一つ教えてクレメンス



2: 名無しさん@おーぷん 19/07/26(金)14:32:45 ID:nwf
自家用車かレンタカーかタクシーじゃないと辿り着けない




引用元: ・三大・日本のド田舎の旅館にありがちなこと

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/26(金)08:01:44 ID:zJ7
おんJ民の7割くらいしかいなさそう


2: 名無しさん@おーぷん 19/07/26(金)08:02:06 ID:zJ7
ちなワイも3割の方だ




引用元: ・秋田、福井、高知、佐賀←全て行ったことある人物

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/27(土)09:52:10 ID:i4q

青森県平内町の私立松風塾高校が、元徴用工問題や日本の輸出規制強化を巡り日韓関係が悪化しているのを受け、
9月に予定していた韓国への修学旅行を取りやめたことが26日、高校への取材で分かった。「交流先である韓国の
高校の事情や生徒の安全を考慮した」としている。一方、新潟市で27日から行う日中韓3国の高校生交流事業に、
派遣予定だった韓国・清州市が不参加を決めた。

 松風塾高校によると、23日の職員会議で中止を決定。同校は日韓交流などを目的に1975年からほぼ毎年
修学旅行で韓国を訪れ……

(以下略)


サンスポ/ 7月26日
https://www.sanspo.com/geino/news/20190726/sot19072617030013-n1.html




19: 名無しさん@おーぷん 19/07/27(土)11:47:51 ID:Ihe
>>1
えらい!
いやまあ、あたりまえなんだけど
その当たり前の判断をつい去年くらいまではなぜか出来なかったからな


31: 名無しさん@おーぷん 19/07/27(土)13:35:27 ID:vra
>>1
生徒の安全を考えるならとっくの昔に韓国は外れてると思いますよ(ジト目)



引用元: ・【青森】韓国へ修学旅行中止、私立松風塾高校「生徒の安全を第一に考えた」[R1/7/27]

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/26(金)00:57:28 ID:1XQ
どう思う


4: 名無しさん@おーぷん 19/07/26(金)00:59:33 ID:1XQ
甲子園にいくかどうかの采配はどうかなと




引用元: ・大船渡の佐々木について決勝の采配どう思う

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/24(水)12:15:13 ID:saX
その代わり田舎は災害時に近所同士で助け合えるけど、都会は赤の他人同士で押し退け合うやん

ちなワイの田舎はその過干渉すらないし、いっつも他所者やってくる




2: 名無しさん@おーぷん 19/07/24(水)12:16:32 ID:rtd
地区の行事強制参加はやめてクレメンス




引用元: ・謎の勢力「田舎は赤の他人が過干渉してくる!都会は過干渉しない!」

続きを読む

↑このページのトップヘ