1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/03(金)13:50:00 ID:FXp
<焦点>被災地の土木職足りない 開けぬ視界
2015年07月03日金曜日

 東日本大震災からの復興に欠かせない技術系土木職の人材不足が
深刻化し、岩手、宮城、福島の3県で新卒の採用数が定員を下回る
苦境が続いている。採用枠を思い切って拡大しても応募者が追い付
かず、集中復興期間終了後の2016年度以降の安定確保に視界が
開けない。(浅井哲朗)

◎東京五輪など公共工事増 全国で奪い合い

<半数満たず>
 宮城県は14年度、定員30人の総合土木職を半数に満たない14人
しか採用できなかった。内定辞退を想定して多めに確保しておく合格者
の段階でも、16人にとどまる非常事態だった。
 問題は受験倍率の低迷にある。(中略)

<倍率1.1倍も>
 福島第1原発事故からの復興を目指す福島県も応募者減の危機に
直面する。土木分野の定員は被災3県で最も多い40人前後。13年度に
43人を採用し充足率100%を達成したが、14年度は27人の64%と
安定しない。
 15年度はさらに厳しさを増している。(中略)

<追加募集へ>
 岩手県は14年度、通常の採用試験に加え00年度以来という新卒の
追加募集に踏み切り、定員20人の総合土木職を14人採用した。ことしは
15人に減らした定員の確保に全力を挙げる。
(後略)

※全文は河北新報でご覧下さい。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201507/20150703_73027.html

続きを読む