1: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:18:08 ID:rcu2
とりあえずスレだけたてとく


引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1713410288/




2: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:18:18 ID:agcV
ありがとう




3: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:21:21 ID:rcu2
夏は納涼の四条橋 冬は雪見の銀閣寺
桜は春の嵯峨御室 紅葉は秋の高雄山

冬が金閣じゃなくて銀閣なのもええよな




5: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:23:42 ID:rcu2
春は丸山官幣社 秋は中島遊園地
豊平橋の月の夜 藻岩の山の雪の朝

京都を模して作った札幌の名所の歌詞も京都オマージュなのと近代的なのすこ




6: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:25:35 ID:ju6Z
汽笛一声新橋を早我が汽車は出にけり~♪
愛宕の山に入り残る月を旅路の供として~♪

2番以降は歌えんが。
ダークダックスが歌ってるやつ結構聞いてたな。


8: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:26:13 ID:rcu2
>>6
ええよな
ワイはボカロに歌わした奴聞いてる




7: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:26:06 ID:TSXP
鉄道唱歌の歌詞選びでイイね!!




9: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:27:48 ID:rcu2
折りたく柴の動橋 武士が帯びたる大聖寺
こころ細呂木すぎゆけば いろはの金津むかえたり

この歌詞一見オヤジギャグやけど国文学者・大和田建樹の生き方を表してるメタファーに感心するわ




10: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:28:05 ID:pAJv
もはや打線でもないやろこれ


11: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:29:13 ID:rcu2
>>10
すまん、気が向いたら打線にするわ




12: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:29:21 ID:ju6Z
ワイ、でんちゃ自体はそれほど好きじゃないのに、鉄道唱歌はロマンを感じて結構すこ❤️




13: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:31:12 ID:rcu2
治まる御代の天下茶屋 さわがぬ波の難波駅
勇みて出づる旅人の 心はあとに残れども

地元ってのもあるけど旅人と町の違いを感じるのええよな
汽笛一声新橋を~から通し番号で334番目に阪神の難波駅につくの草生える




14: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:39:54 ID:rcu2
二千五百の星霜を 経たる歴史の跡は皆
其処よ此処よと目の当たり 感慨幾と胸に沸く

大和鉄道(現近鉄田原本線)唱歌より
マジで奈良はあちこちに歴史の名所があるから知識ある人には楽しいやろな




15: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:41:50 ID:nay1
聴き鉄


16: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:43:08 ID:rcu2
>>15
実際に名所とか行ったときに作詞者と共感できるから二重に楽しいで




17: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:46:20 ID:rcu2
勇む笛の音いそぐ人 汽車は着きけり青森に
昔は陸路廿日道 今は鉄道一昼夜

汽車が出来るまでは東京~青森の陸路は20日も掛かってたんやな
室町時代は青森~平泉ですら12日掛かるって言われたらしいけどどんだけ道路悪かったんや…




18: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:50:18 ID:rcu2
那波の駅から西南 一里離れて赤穂あり
四十七士が仕えたる 浅野内匠の城の跡

東海道編の高輪で言及した忠臣蔵を赤穂で伏線回収やね
なお姫路から岡山までのスポットはここしかない模様…




19: 名無しさん@おーぷん 24/04/18(木) 12:53:44 ID:rcu2
奈井江の次の砂川に おかるゝ三井の木工場
ここは名高き歌志内 炭山ゆきの別れ道

日露戦争の時代にはもう財閥系企業が単体で名前出てくるっていうね…
北海道編は資源への言及多すぎるわ






管理人コメント

改めて歌詞を読むと趣深いな・・・これ

引用元 ワイが好きな鉄道唱歌の歌詞で打線組んだwwwwwwwwwwww